通気性をよく清潔にすればお尻にきびは必ず治る

お尻にきびは一旦できてしまうと治りづらく繰り返しできてしまうしつこいにきびの一種です。

 

にきび自体も、大きく赤い腫れを伴ったものが多く、仕事で長時間座って作業をする方にはとても辛くて痛いものです。

 

そんなお尻にきびに悩む方に、簡単な対策方法をお教えします。

 

まず、にきびの根本的な原因である雑菌を増やさないためにも、お尻を蒸れないようにすることです。

 

下着は化学繊維ではなく、綿100%のものに変えることや、ストッキングやタイツは極力避けてお尻を締め付けず通気性を良くします。

 

締め付けがきつい下着やパンツも汗をかきやすく蒸れの原因となりますので、きちんと自分のサイズに合ったものを選ぶようにし、少し汗ばみを感じたら、その都度トイレに行って汗ふき用のボディシートやウェットティッシュでお尻を拭く等、とにかく清潔に保ちます。

 

また、お風呂はしっかりと湯船に入り皮膚を柔らかくしましょう。

 

時間が無いからといって毎日シャワーで済ましていると、肌の新陳代謝能力が落ちてにきびが出来やすくなったり、シャンプーやリンスのすすぎ残しがお尻に付いてしまいそれがにきびを悪化させる原因にもなります。

 

湯船にゆっくり浸かり、シャンプーやリンスを済ませた後、一番最後に細かく泡立てた石鹸でお尻を優しく洗いましょう。

 

そしてすすぎはしっかりとすることもポイントです。

 

お尻にきびにはとにかく通気性を良くして清潔に保つことが一番です。

 

気になるからと言って、触ったり潰してしまったりせず、いつか治るという気楽な気持ちでケアするのがおすすめです。

お尻にきびと思春期の関連性

 

お尻にきびは、思春期にできるにきびと関連性があります。

 

にきびができるメカニズムは基本的に同じため、いくつかの要素が複合的に影響しています。

 

この際にお尻に確認できる吹きでもの、できものは、にきびとは異なる特徴があって注意が求められます。

 

にきびと同様に吹きでもの、できものは顔だけではなく、背中やお尻など全身にできる可能性があります。

 

お尻を触って、くぼみやかゆみが感じられる際は鏡を使って確認しておくことも大切です。

 

お尻は皮脂分泌が多く皮膚が厚い特徴があります。年齢別のケアや注意点にも違いがあるため、知識を得ておくと対処が求められるときに役立ちます。お尻にきびは、皮脂分泌が起こりやすい10代にできやすい特徴があります。

 

皮脂分泌は、過剰に分泌される皮脂が毛穴が詰まることで炎症を起こして、にきびの発生させる原因につながります。

 

お尻は顔と同じように、皮脂を分泌する腺が存在していることから、お尻にきびは皮脂分泌が多くみられる10代に発生しやすい特徴があります。

 

10代の思春期の時期は、お尻ににきびができると過剰に気にしたり心配しやすくなりやすい世代ですが、10代は新陳代謝がよい世代でもあります。

 

思春期は体が成人になるための大切な時期で肌のターンオーバーが活発なことが原因にもなっており、こうした知識を知ることで10代の思春期にお尻にきびができても心配や不安になる必要は避けられます。

 

お尻にきびと思春期の関連性を正しく理解して、生活に役立てることが大切です。